Concept of ripplehoikuen





0歳児産声を上げた世界の子ども達は皆同じ機能を持って誕生します。
それからの育ちの環境で、その子の才能が左右されると考えると重要な時期です。
例えば、ヴァイオリニストになる素質があるのに、その楽器を触らずに過ぎると才能は日の目をみません。
残念ですね。
英語圏の子ども達は英語を母国語として覚えます。
日本語圏の私たちは日本語で会話します。だからと言って「国語力」がみな良いわけではありません。
英語もしかり。
リップルは、この育ちの環境に重点を置き、
英語だけでなく、様々な保育環境で「国語力」を培う「保育計画」を立てています。

「国語力」は考えたことを実現できる力です。
思ったことを言葉にする。その言葉の構成が難しいですが…
まず、考える習慣を作り、思いを伝えるために作文します。この文章力を重視した保育環境を用意しています。

モンテッソーリ教育と躾にも重点を置き、これからの時代で活躍する人材育成の基礎力を培います。
これが、リップルメソッドの概要です。